コミュニティマネジメント研究所

社会的存在価値を高める企業のドラマづくりを応援する

テーマの検索するコーナー

発想が行き詰ったときのヒント

《テーマ別の検索スタート》

 人の発想を豊かにするのはまず情報量です。 なるべく多くのものを視ること。そしてそれを記憶することです。 記憶に残っていないと、どんなに良い講座を受けても、 どんなに良い本を読んでも、どんなにためになる映像やテレビを見ても、 役に立つことはありません。
 だから既に読んだ、既に見たという人に質問します。内容を具体的に思い出せますか?

 次に大切なのが、それらの情報から自分が取り組むべき視点を得ることができるかというところです。
     
例えば、
店舗の運営のあるべき姿を描くことができた。
今後自店を強化すべき方向性が分かった。
自分の店舗の問題点がクリアになった。
部下がなぜ頑張らないのか分かった。
お客様が減り続けている真の原因が分かった。
スタッフの採用プロセスの欠点に気づいた。

 いくら考えても納得いく視点が出そうにない時に、他人の視点をみるヒントに触れることで、 それを触媒として思考が前進する可能性があります。
 そして同じように、目標を達成したりするためのヒントを得ることもできるのではと考えています。 このサイトがみなさんのお役に立つことを祈念しています。

◆1.消費動向

 消費者の考え方や消費傾向について

◆3.商売の原点

 商売をする時の基本的な考え方、繁盛店が持っている想いについて

◆5.接客

 店舗の接客を向上させる視点について

◆6.販売促進

 お客様の来店動機の創出について

◆8.施策の検証

 自分の実施した施策が、本当に効果があったのか確かめることの必要性について

◆9.店舗運営のヒント

 店舗運営の発想を広がりを見せるために参考なる事例

◆10.店舗体制作り

 店舗運営をしていくうえで、参考になる体制づくりのヒント

◆11.人材採用

 人材採用のあるべき姿や採用をするための体制づくりを考える

◆12.人材育成

 人材育成の取り組みについて

◆13.人材環境整備

 自社のスタッフの能力を発揮させる環境へのヒント

◆15.コミュニティ的発想

 コミュニティホール化の施策を考えるときに持っていると役に立つ視点や着眼点について

◆16.コミュニティ促進

 店舗とお客様の関係づくり

◆18.店舗を活用した地域との共生

 地域と共生していく上で、ヒントになる事例

◆20.企業経営

 企業経営の参考になるヒント

◆21.危機管理

 店舗の危機管理意識を確認するために

◆23.思考の限界を超える

 思い込みを打破した事例を知ることで、自分の無理という考えの限界を超える参考にしてもらうもの

◆24.思考法

 知っておいて悪くない思考法

◆25.仕事に対する取り組み姿勢

 仕事への取り組みの仕方を振り返る

inserted by FC2 system