本当の地域密着店の作り方(実践編)

店舗が地域のコミュニティ広場としての取り組みを始めた

アイデアのタマゴ

         こだわりを持った面白いものに人は反応する!

◆お客様のために熱中症対策企画

 近年の日本の暑さは警戒レベルに達しています。 実際、連日、蒸し暑い日が続いています。 この暑さレベルの上昇に伴い、熱中症問題が大きくなってきました。
 そして、2020年の新型コロナで新たな局面を迎えています。 現在の熱中症は災害レベルと言われています。

★・・・続きを見る

                   最新更新日:

◆新型コロナ対策で衛生意識を向上させる!

 新型コロナウイルスが流行し、大きな問題となっています。 何時になればこの騒ぎがいつまで続くのかと言えば、恐らくワクチンや治療薬が開発されるまでは続くような気がします。

★・・・続きを見る

〇更新内容①:ソーシャルディスタンス(4/8)
〇更新内容②:非常時オペレーション(4/10)
〇更新内容③:お客様に対する自律的感染拡大防止の協力のお願い(4/14)
〇更新内容④:新型コロナ対策関連グッズ (5/5,5/6)
〇更新内容⑤:ソーシャルディスタンス ☆アイデア 追加(6/9)

                   最新更新日:

◆お客様が喜ぶ「暑い日企画」を考えてみる。

 2020年は新型コロナの影響で、個人の暑さ対策の強化の必要性が増しています。 それは「3密」を避けるために換気が必要とされるからです。 当然、それだけ冷房能力が下がり、暑さを押さえたいというニーズは高まります。

★・・・続きを見る

                     更新日:

◆イベント・行事・記念日を活用する

 新台入替だけでは、変化が少ないですし、季節感の演出もつくれません。 変化の無い店舗はお客様に怠惰という印象を与えてしまいます。 逆に変化が適度にあれば、頑張っているホールと見なされます。
 そこで行事等を活用した面白イベントを・・・・。

  ◎1月のイベント・行事・記念日
  ◎2月のイベント・行事・記念日
  ◎3月のイベント・行事・記念日
  ◎4月のイベント・行事・記念日
  ◎5月のイベント・行事・記念日
  ◎6月のイベント・行事・記念日
  ◎7月のイベント・行事・記念日
  ◎8月のイベント・行事・記念日
  ◎9月のイベント・行事・記念日
  ◎10月のイベント・行事・記念日
  ◎11月のイベント・行事・記念日
  ◎12月のイベント・行事・記念日

                   最新更新日:

◆参加型イベントで仲間意識を醸成する!

 多くの地域で街おこしという意味もあり、いろいろなイベントを考えています。 その中には、一般の人から参加を求める市民参加型のイベントがあります。
 それを活用してお客様との距離を縮める方法・・・・・

★・・・続きを見る

                     更新日:

◆健康情報を活用してコミュニケーション!

 高齢者の方が一番気にする情報は健康情報です。 年を重ねてくるとあちこちに体の不具合が出てきます。
 今まで苦もなく出来ていたことが、・・・・。

★・・・続きを見る

                     掲載日:

◆気象ニュースに注意を払いコミュニケーション!

 気象ニュースはTVで頻繁に流れています。 特に、朝は通勤や通学のための必要情報ということで、お天気ニュースが画面に表示されています。
 人間生活はお天気とは切っても切れない・・・・。

★・・・続きを見る

                     掲載日:

◆ミニコンセプトで特徴をつくる

 競合他店との違いを出し、差別化をしていくことは重要です。 しかし、結構大変な作業です。
 そこでミニコンセプトを活用した顧客サービスを・・・・。

★・・・続きを見る

                     掲載日:

◆映像を会話のきっかけにする!

 人世の中には映像があふれています。 それも個人の映像です。
 昔(昭和のアナログ時代)に比べると個人で持っている写真や映像データは爆発的に増えています。 しかしながら、多くの人はその映像を活用する場を持っていません。 写真コンテストなどを企画することで、お客様との会話のきっかけを作ることは、 スタッフとお客様の距離を縮めます。

★・・・続きを見る

                     掲載日:

◆高機能新商品をコミュニティの仲間と検証する!

 人は新しいものに興味を持ちます。 飲料業界は、カロリーや糖質などいろんなものを「ゼロ」にしてきました。 しかしこれ以上削りようがなく、「プラス」へと方向転換をしています。
 飲料業界は、削るものが無くなってきました。 そこで、これからは何かを付け加える高機能製品が開発されていくと予想されます。 これをお客様との関係づくりのネタにすれば、会話が弾むかもしれませんね。

★・・・続きを見る

                     掲載日:

◆ランキングが付くと人は興味を持つ!!

 災害が多い日本では、非常食も盛んにつくられています。 ホールの防災グッズの一つとして、非常食を仕入れるところもあると思います。
 しかし、お客様はどの商品を買えばよいのか、なかなか判断がつきません。 品揃えを豊富にしたとしても、多くの人は食べたこともない人にとっては、 たいへんリスキーな商品ではないでしょうか。 そこでランキングの活用です。

★・・・続きを見る

                     掲載日:

◆スポーツの秋!運動会を活用して、お客様と親しくなる!!

 スポーツ用品メーカーのミズノから子供の足を速くするグッズが出たと、ニュース番組のWBSで紹介(9月4日)されました。

 お客様の中には、子供さんやお孫さんがいる方も多いはずです。 小学校では、足が速い男子がモテることは良く知られています。 自分の子供や孫が可愛いと思う人誰でも、興味を示すのではないでしょうか。
 私も今週末、孫の運動会見学です。

★・・・続きを見る

                     掲載日:

◆健康測定器具をコミュニケーションの手段にする

 お盆前にタニタから『靴を脱がない体組成計』を発売したとニュース番組のWBSで報じられていました。

 体組成計とは、体脂肪・基礎代謝量・筋肉量など、体の組成に関する諸数値を測る装置の総称で、 体に微弱電流を流し電気抵抗を測定して数値を推定するものです。 測定項目は12項目と多く、健康状態がよくわかります。

★・・・続きを見る

                     掲載日:

◆お客様と一緒に地元一体感を演出する

 夏の甲子園は今年100回目という節目を迎えます。
 地元の高校が頑張って甲子園で勝った。 地元密着と言っている店舗が、まったく関心を示さなければ、 そこに来られているお客様はどう思うのでしょうか。

★・・・続きを見る

                     掲載日:

◆お客様を不快にさせないためのエチケット強化

 毎日猛暑が続いています。暑いと人間汗をかきます。汗をかくとどうしても臭いの問題が出てきます。
 人間の嗅覚は、犬などに比べると鋭くはありません。 しかし、臭いが気になる場合、その心理的影響は大きなものがあります。

★・・・続きを見る

                     掲載日:

◆お客様が喜ぶ「雨の日企画」を検討してみる。

 今年(2018年)の雨はバカにできません。バカにしていると酷い目に遭います。
 店舗運営は気象の影響を受けやすいのですが、皆さんの店舗では雨は集客に有利に働いているのでしょうか?不利に働いているのでしょうか。 雨が降ったら、ピンとくるものがあり、お客様が喜んで来店してくれる。そんな仕組みができれば悪くないと思います。

★・・・続きを見る

                     掲載日:

inserted by FC2 system